Top > 自己開花

「セルフジャッジ」相手に勝ちを譲る~vol.30

私の趣味のひとつに、テニスがあります。

決して、上手ではないのですが、
好きなスポーツです。

テニスの中で、セルフジャッジという
行為があります。
審判がいない場面で、ボールに近い人が
自らジャッジするのです。

今日のテーマは
「セルフジャッジ」
~相手に勝ちを譲る
です。

明らかに、ラインをオーバーしたボールだと
誰が見ても一目瞭然ジャッジが出来ます。
でも、ライン上のような際どい場合で
はっきりしない時は、相手に有利にジャッジを
下します。

さすが、テニスの大会ウィンブルドンが始まった
イギリスのスポーツらしく、紳士的ですね。

この考え方は、日常の生活にも当てはまる
のではと思う出来事がありました。

数日前の雨の日、建物の入り口で傘の
しずくをはらってビニール袋に入れようと
されていた方のしずくが、もろに後ろから
来た人に掛かりました。
年配の女性の方は「ちょっと!」と声を
荒げていましたが、30代のビジネスマンの
方は、「僕も気づかなくてすみません」と
おっしゃり、しずくを掛けてしまった方は
救われたような表情をされていました。

少し離れたところから見ていた私は、その
男性の言動にとても爽やかさを感じました。

自分は正しいと正論を振りかざすのでは
なく、場合によっては一歩引いて
相手に勝ちを譲る。


円滑な人づきあいに必要なこと
のひとつだと
感じました。

心に余裕、必要ですね。
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

この記事が参考になりましたら、
「いいね!」や「+1」などのボタンを押して応援いただけたら嬉しいです(^^♪
下のコメント欄に、感じた事や気づいたことなども書き込んで下さいね!

Facebookをお使いの方は、こちらを押してフォローして下さい。

予約カレンダー

関連リンク

自己開花アドバイザーとは ウェルスダイナミクス 診断セッション内容 自己開花アドバイザーへのお問合せ

SNSサイト

下記SNSでもよろしくお願いします

facebookページ
Instagram
ページ上部へ戻る